個性を伸ばす、ゆずたの子育て。

個性を伸ばす工夫、自分らしく生きる工夫、育児の悩み解消やその試行錯誤。

幼稚園選びはいつから?ポイントは?

幼稚園グッズのイラストとタイトル



初めての幼稚園、どう選ぶの?

初めての育児、物凄く衝撃を受けたのは、幼稚園選びのスタートの早さでした。

 

幼稚園探しはいつから始める?

子供が満2歳の4月からプレ入園が始まります。

それに間に合うよう探し始めるので、2歳前後から動き始めることになります。



春以降、園庭開放や、幼稚園イベントの案内などが始まります。
そこで気になる園に足を運び、雰囲気などをチェックしていきます。

人気がある幼稚園は、うかうかしていると募集を締め切る場合もあるので、周辺の幼稚園の募集の流れを前もってチェックすることが重要です。

 

 

幼稚園情報を手に入れる

大体の検討をつけるため、幼稚園情報があると良いです。

おすすめはこどもセンターです。
既に上の子を入園させている人もいたりするので、新鮮な情報を聞くことができます。
センター勤務の人から話を聞いたりもできます。


ゆずたはマンションに住んでいるので、知り合いを作り、情報収集をしました。

 

  • 先生の雰囲気
  • 園の指導の仕方

 

このあたりは、表面からでは知ることが出来ない重要なポイント。
しっかり突っ込んで聞いていました。

 

 

幼稚園選びのポイントは?

幼稚園を選ぶときに、見たい項目は沢山あると思います。

  • お迎えが楽であるか(バスやバス停の近さ、家からの距離など)
  • お昼ご飯は給食かお弁当か
  • 教育やしつけはどうか
  • 自由度はどうか
  • 園庭の広さはどうか
  • 園の雰囲気はどうか
  • 制服の可愛さ
  • 入園金や年間通してかかる金額 など。

 

 送迎方法についてはこちらに詳しく書いてあります。

yuzuta.site

 

 


ゆずたの近所では、制服と園庭の遊具が可愛い園が圧倒的な人気です。
やっぱり制服可愛いのも良いですよね。


でも個性を伸ばすと言う考えのゆずたが、一番大事にしたポイントはこの二点でした。

 

  • 子供の性格に合うか
  • 家庭の教育方針に合うか

 

まず幼稚園選びをする時に、子供を観察することと、教育方針を決めておくと良いです。

ちなみに教育方針は、夫婦で考えることをお勧めします。

yuzuta.site

 

子供も2歳前後とは言え、個性の芽が顔を出しています。
家で遊ぶのが好きな子もいれば、毎日外を駆け回りたい子もいます。

子供の性格と家庭の教育方針、どちらにも合う幼稚園を見つけられたら良いですね。

 

 

 

我が家の決め手となったもの

一番譲れないポイントは

自転車や徒歩で迎えに行ける距離にあること

でした。

 

 

バス通園を考えているものの、万が一、大地震などが起きた時は、心配だからすぐに迎えにいきたいので。

 

そこで候補がグッと絞られました。

  • しつけが素晴らしい幼稚園
  • 制服が可愛い幼稚園
  • 園庭が広い幼稚園
  • モンテッソーリ教育の園
  • 4歳からの公立幼稚園

 

この5つの中で、3歳から通って欲しかったので、公立幼稚園は消えました。

 

そこでこの二つにポイントを使って絞っていきました。

  • 子供の性格に合うか
  • 家庭の教育方針に合うか

 


ゆたろは1歳台からすでに、プライドが高く、大人の言うことを聞かず、元気すぎて毎日外を駆け回り、協調性がないように感じていました。

リトミックのレッスン中、一つも参加せず、ずっと歩き回って散策してた子です。
毎週ね。


からしつけが素晴らしい園は難しいと思いました。

素晴らしい分、厳しいと聞いていたので、ゆたろ一人なかなか合わせられないとなると、自己肯定感が損なわれる可能性が高い。

協調性のカケラがその当時、少しでも見えていたら、候補にあったかもしれません。



そして制服が可愛い園は、先生が若く安定しておらず、きついと言う話が沢山聞こえてきたのでやめました。


私はゆたろを伸び伸び育てようと思っていたので、園庭が広い園は、先生の評判、園の指導の仕方ともに伸び伸びしていて、とても惹かれました。
モンテッソーリも子供を信じて見守る指導方法なので、最後までモンテッソーリと悩みましたが、モンテッソーリ園に見学へ行った時のゆたろの反応を見て、やめることにしました。


そして園庭が広い幼稚園に決定しました。

 

 

まとめ・幼稚園選びの感想

情報収集の際に『先生の雰囲気』と『園の指導の仕方』を深掘りして集めていました。

他の園に入った人から聞いた話、自分の園の話つなぎ合わせると、もらった情報はどれも正確だったなーと思います。




先生の雰囲気と園の指導の仕方にまとまりがある園は、どの先生にあたっても、大きく想像とズレるようなことはないと思います。

ですが先生の雰囲気、園の指導の仕方にまとまりのない園は、先生が定着しておらず、先生によって当たり外れがある可能性が高いです。


 

そしてゆずたのおすすめの幼稚園選びのやり方はこちら。

  1. 絶対に譲れないポイントで数を絞る
  2. 情報収集する(先生の雰囲気と園の指導の仕方を深掘り)
  3. 実際に足を運ぶ
  4. 子供の性格にあっているか
  5. 家庭の教育方針にあっているか

 

このように検討すると、入った後に後悔することも少なく、子供にも自分にも合った幼稚園が見つかるのではないかと思います。


幼稚園は子供の社会性の基礎ができる場所。
子供や家庭の教育方針に沿って、決めることが出来ると良いですね。

 

 

急に増えるスリッパの機会、折りたたみがおすすめです。

 

 

押してもらえると励みになります↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村