個性を伸ばす、ゆずたの子育て。

個性を伸ばす工夫、自分らしく生きる工夫、育児の悩み解消やその試行錯誤。

Illustrator iPadを使ってみた

Illustratorの画像とタイトル

 

ゆずたはiPadでブログをやっています。

 

 

yuzuta.site

 



せっかくiPadでやっているんだから、iPadで出来る事をしたいな〜と思っていたところ。



AdobeIllustrator  iPadというアプリを発見!

 

 

絵を描くのが大好きなので、早速使ってみました。

 



PC版も使っていたけど、機能などを語れる程詳しくはないので


今回はPC版との比較ではなく

『少しイラレをかじった事がある初心者目線』で使ってみた感想をお伝えします!

 

 

 

 

 

 

 

Illustrator iPadを使ってみた

使用環境

 

 

 

 

入手方法

Illustrator iPadは、Apple Storeで入手できます。
ここからもインストールできます。
 

 

Adobe Illustrator: グラフィックデザイン
 

 

新規作成

起動するとこのような画面になります。

新規作成の画面



左下の新規作成を押し、アートボードの大きさを選択します。
カスタムサイズは好きなサイズに調整することが出来ます。

 

 

 

ツールバーとタスクバー

新規作成を開くと左右にバーがあります。


左がツールバー

作成や編集に使うツールです。

ツールバーの名前

下にある丸はタッチショートカット。

複数選択したり回転を均等にしたりなど、いろいろな小技を使える。

 




右がタスクバー。

レイヤーパネルや整列などが入っています。

 

タスクバーの画像

 

 

 

うちの猫さんを描いてみる

今回は画像を読み込んで、トレースからイラストを描いてみます。

 

 

トレース

ツールバーの読み込みを選択し、うちの猫さんの写真を出します。

画像の下に出てくる、クイックアクションバーで
①透明度を上げて、②薄くしたらロック。

うちの猫さんの写真

 

レイヤーを画像の上に追加し、鉛筆ツールで猫さんをトレースします。


線の滑らかさを変えることができるので、手振れも補正できて、トレースがしやすい。

 

トレース画像


見えないところは想像でカキカキ。

 

 

 

鉛筆ツールが使いやすい

鉛筆ツールはApple Pencilでタブレットにそのまま描いているので、紙に絵を描く感じと全く変わらないです。


描いた線にはパスができるので、細かい修正なんかもしていける。

直感的に描いていくことが出来ますね。

 

 

 

便利機能

作業中に良く使う便利機能です。


取り消し→画面を指2本でタップする

やり直し→画面を指3本でタップする

 

これアイビスペイントで感動したやつ!
同じ動作だから使いやすい!

 

 

 

色を塗って完成

色を塗る部分をパーツ分けして、鉛筆ツールでトレースしていきます。

綺麗なベタ塗りでも、綺麗に塗りをずらすでもなく、ちょっと雑な感じに隙間ができてる方が手書き感が出て好きです。

完成した猫のイラスト



色塗りの最中レイヤーが見つからなかったり、グループ化すると一部が消えたりなどで、背景をつけることができずにタイムアウト。お迎えの時間!笑

猫だけCanvaに落としました。



なぜだー。

その辺りも検証していかないと、無駄に時間かかります。


ただ、言えることは
PC版よりiPad版の方が直感的な操作が多く、初心者としてはやりやすかったです。


アイキャッチを飾るアイコンとか、最近はイラレで作ってます。

 

 

 

まとめ

Illustrator  iPadでトレースからイラストを描いてみました。
感じたことは次の通り。

  • 鉛筆ツールが使いやすい
  • トレースが簡単
  • 操作が直感的
  • タッチショートカット慣れたら便利そう
  • クイックアクションバーが使いやすい

 


今回は紹介出来なかったけど、他にも楽しい機能がついていました。
またそのうち紹介します!

 

 

yuzuta.site

 

 

押してもらえると励みになります↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村