個性を伸ばす、ゆずたの子育て。

個性を伸ばす工夫、自分らしく生きる工夫、育児の悩み解消やその試行錯誤。

『自分を知る』最強ツール2選

 

 

ゆずたは自己分析が大好きです。

考えるゆずたのイラスト

自分を知ることで自己肯定感が上がったり

悩み解決のヒントになったり

成長できたり

心からやりたい事が見つかったりもします。

 

自分を知ってそれを生活に落とし込んでいく事で、どんどん身軽になる感じもたまらなく好きです。

 

自己分析をするにあたって色々な診断ツールを試しました。

その中でもこれは当たってるし面白いと思った2つを紹介します。

 

 

自分を知るための最強ツール2選

 

1 クリフトンストレングス(ストレングスファインダー)

 

クリフトンストレングスとは

アメリカの調査会社ギャラップ社が開発した「才能」診断ツール。

オンラインでテストタイプの診断を受け

34に分けられた資質をどのような順で持っているのかを知り、自分の強みの理解を深めることが出来る。

 

yuzuta.site

 

 

 

クリフトンストレングスの面白さ

 

なんと言っても自分の個性(資質)を34に分けて順位付けしてくれる所。

そして上位3分の1ほどの資質が自分の持つ強みと考え、その強みを伸ばすように意識を変えることで生きやすくなり、才能も難なく発揮される。

 

 

 

確かに上位に来ている資質は私が大切にしている考え方であったり、無意識だけどいつもそのように行動している事。

 

例えば私の3位に『個別化』という資質が入っている。

これは『ひとりひとりが持つユニークな個性に興味を惹かれる』というもの。

このブログのタイトルにもなっているくらい

私は人の個性が好き。個性オタクになりたい。

 

話が逸れた。

 

私の最下位の資質は『慎重さ』。

さっきブログを[タイトル「カー」、本文なし]という悲惨な状態で30分程アップしていたのでまさにその通りという所。

 

 

 

クリフトンストレングスの活かし方

 

下位にある資質は自分にはないものとして

上位資質に注目して伸ばすことを考えるのでとてもエコである。

 

上位資質も自分では短所と認識していたものがあったりして、それを強みと捉えるだけで心が軽くなり、行動が変わる。

 

問題が発生した時に自分の強みを軸に解決策を考えると、動きやすいし上手くまとまることが多い。

私としては結果を見てからの分析過程もたまらなく面白かったです。

 

 

 

 

2 マカレン数秘術

 

自己分析なのに占い!でも良く出来てるので見てみてほしい!

 

マカレン数秘術とは

マツコ会議などにも出演した、横浜中華街の占い師マカレン先生のオリジナル数秘術の計算方法や見方をまるっと書いてある本。

こんなの出したら皆占いに来なくなるのでは?と思うほど、実際占ってもらった経験のある私は言われたことが全て詰まっていて驚いた。

 

 

マカレン数秘術の面白さ

 

名前と生年月日から計算し、その人を構成する10の数を見る所。

表面的な性格、コミュニケーション、欲求、印象、役割、仕事、プライベート、意識、根本的価値観。

 

人の性格って一つには表せない。

それをあらゆる方向から見るというのが占いにしては珍しく面白い。

そして何故か本当に当たる。

個性強い人たち何人も見てみた(勝手にごめん)けど、わかるーーーー!ってなるの。

 

占い好きな人、見たことあったら感想聞かせてください!

 

 

ちなみに個性強めのうちのパパ(自分軸90%の男)。

表面的性格と根本的価値観という対になった部分がどちらも同じ『5』。

5の持つ意味は『根っからの自由人』。

それが表も裏も同じ数字。

私が占った20人ほどの人の中で表裏同じ数字の人はいなかった。

 

そして構成する数字はすごく偏っていて同じ数が多い。

そりゃあブレることもないよね。って結果。

 

 

マカレン数秘術の活かし方

 

あらゆる角度から自分を見つめるきっかけになる。

あとこれは占いならではなんだけど自分の子供や家族、友人も分析できる。

でも占いだということは忘れず、決めつけないようにすることは大事!

 

ゆたろも個性の強い数字が多くて

なるほど〜〜〜〜だからか〜〜〜〜!!

と唸るほどでした。笑

 

そして一緒に占いに行った友人もこの本を読んでいて話したんだけど

家族というグループ内で数字が偏る不思議。

あの家族はこの数字が多いねって言うのが出てくる。

何故なんだーーーー

 

 

 

3 まとめ

 

テスト診断にしろ、占いにしろ、自分をあらゆる角度から見つめて知ることは

自分を生きる上での楽しさの一つだと思う。

うちのパパみたいに、悩みもなく、自分自身と向き合わずとも常にハッピーな人もいると思うけど。

 

そして自分の持つ個性を受け入れて

自分自身を生きるための強みへと変えていけたら最高だと思うのです。

 

 

 

 

押してもらえると励みになります↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村