個性を伸ばす、ゆずたの子育て。

個性を伸ばす工夫、自分らしく生きる工夫、育児の悩み解消やその試行錯誤。

休むことの大切さ

タイトル画像



 

今日は朝から思考停止状態。
面白いくらいに頭の中が静かで気だるい。



なんだこれはーと思ったらPMSね。

この今の状態をPMSだったと気づくまでの時間が、経験を積んでどんどん早くなってきました。

yuzuta.site

 


さて、そうと決まったら今日は休もう!
とことん自分の声を聞く日にします。

 

 

休むことに罪悪感を感じていない?

なぜ休みは必要か

休みは自分の心や体の元気を取り戻すために必要なこと。
心や体の調子が整っていると、このような良いことがあります。

  • 仕事の効率が上がる
  • 人間関係が円滑になる
  • 精神的に充実する

 

無理していると、逆にこれらがうまくいかなくなるってこと

思い切って休んだ方が、何事もうまくいきそうだね

そうなの!だから私も今日は休むからサクッと行きまーす!

はーい

 

自分の人生を豊かにするために行動している

私たちは自分の人生を豊かにするため、友人を作ったり、趣味をもったり、仕事をしてお金を稼いだり、学んだり、結婚して他人と生活する経験を積んだり、子供を育てたりしていると思います。


誰のためでもなく、自分の人生を彩るためのもの。

 

それなのに疲れが溜まると、人ばかり良く見えて、自分は報われない気分になったりします。
あの人はいつも楽してるなーなんて、人のことを妬んでしまったり。
自分のことは置いておいて、いつも人のために動いてしまい、更に疲れます。

 

 

疲れを回復しない=自分を蔑ろにしている

疲れていたら休むと言うのも、自分の人生を豊かにするための必要な仕事。
それなのに休まないでいると、自分というものを蔑ろにしているという事になる。

自分の人生の中心にいる『自分』を蔑ろにしていると、他も全てうまくいく訳がない。

自分の仕事や、自分の生活の上にあるものたちは、自分が整って初めて、自分にとって素晴らしいものになる。



自分の大事にしている仕事や家族や友人や趣味や人生のためにも、自分自身を整えることが

『最重要課題』であるということ。

 

 

結果、皆のためになる

会社を休む、家事を休む、いつも心に浮かぶ言葉。

「自分ばっかり楽してごめん」
「仕事増やしちゃってごめん」

 

 

でもでもでも。
よーーーーーく考えてみて。



疲れた時にしっかり休んだ後の自分は、今よりも仕事が捗るし、妬む心なくスッキリ人と関われるし、気持ちに余裕ができるし、心から笑えるし、良いことづくめだから!



自分がしっかり休んで、自分自身を整えることは、自分が楽することじゃない。
皆を大変な目に合わせることじゃない。

結果的に皆のためになることだから、疲れた時は全てを信じて、休みましょう!

休んでいるゆずたのイラスト


 

 

押してもらえると励みになります↓

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村